スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)①~三陸鉄道南リアス線~

皆さん、こんにちは。

まだまだ残暑厳しい日もありますが、吹く風に少しずつ秋を感じるようになってきましたね。

秋と言えば、行楽シーズン!

この先も行きたいところをいろいろ計画中です。まずは…鳴子かな?


mi009a.jpg

さて、石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)

後編は、全線開通した三陸鉄道へ…!

懐かしの「新鉄子の旅・三陸鉄道応援きっぷ」、ついに使う時が来ました!

この切符を手に、南リアス線・北リアス線を目指して、出発進行~!

mi001.jpg

2014年5月19日(月)

2日目の旅は三陸鉄道(通称さんてつ)南リアス線の盛駅から釜石駅までを完乗します。

この日はたまたま学校がお休みということで、急遽、莉希くんと奈保子さんも同行することに。

仙台駅から一ノ関駅までは新幹線に乗り、そこから大船渡線に乗り込みます。

mi002.jpg

莉希くんが真っ先に向かったのはかぶりつき席…!

隣のこけしちゃん達も眺めが良くて嬉しそう。

mi002a.jpg


大船渡線は線路がくねくねと竜のような形をしていることから、「ドラゴンレール大船渡線」という愛称がついています。

ポケモンとコラボした「POKÉMON with YOUトレイン」も土休日に走っていることもあって、莉希くんも大好きな路線なんだそう。

mi003.jpg

テツ編集長おすすめの「スプリングポイント」(レールの分岐器がバネのように動く…?)の解説を受けながら、みんなでかぶりつきます。

mi005.jpg

気仙沼駅に到着。

山手にある気仙沼駅は無事だったそうですが、そこから盛駅までは海沿いを走るため、震災の甚大な被害を受け、今も鉄道は不通になっています。

mi006.jpg

現在、仮復旧としてBRT(バス高速輸送システム)が運行されています。

大船渡線の鉄道のレールが敷かれていた一部がバスの専用道路になっています。

BRTになってから、鉄道よりもやや時間はかかりますが、その分本数が増えて、大分利便性は上がったそう。


mi007.jpg

大船渡線のBRTは三陸の海をテーマにしたデザイン。

鮮やかなマリンブルーの車内が目を惹きます。


mi008b.jpg

奇跡の一本松駅、陸前高田駅、大船渡駅…ニュースで何度も耳にした地域を通っていきます。

今回の旅では、バス移動は被害の大きかった海の沿岸部を通っていくので、初めて被災地の全容を見ることになりました。

瓦礫はほとんど撤去され、更地のまま。そんな風景が延々と続いていきます。

空き地のように見えるこの場所に、かつては多くの人の営みがあったんだ…

その範囲の広さに改めて圧倒され、言葉を失います。

復興にはまだまだ時間がかかることを痛感しつつ、車窓を見つめ続けました。


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)②~三陸鉄道南リアス線~ につづく)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。