スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)④~三陸鉄道北リアス線~

ki001.jpg

5月20日(火)3日目最終日は、北リアス線を旅します!

南リアス線の時より時間に余裕があるので、できる限りいろんな駅に降りてみようということに。

横見さんがさんてつのスタッフさんと知恵を振り絞って作ったプランを元に北リアス線の駅を巡っていきます。

まずは宮古駅からスタート!

ki002a.jpg

新しいさんてつ車両にはクウェートの紋章を発見。

湾岸戦争の時に日本が支援したことに対する恩返しとして、クウェートが岩手、宮城、福島に原油を無償提供したそう。

その原油を売ったお金で、この車両を買うことができたそうです。

ki002.jpg

冨手さんが見送りに来てくださいました。

ki003.jpg

「旅を楽しまれてくださいねー」

さんてつスタッフの皆さんは、いつも笑顔で手を振ってくださいます。

冨手さんの素敵な笑顔に癒されながら、宮古駅を後にします。

ki005.jpg

最初に降りたのは田老駅

なんと、望月社長が田老駅まで同行してくださることになり、震災当時の写真を見ながら、復旧への道のりをわかりやすく解説していただきました。


ki006.jpg

震災直後の田老の町。田老駅の駅舎になっていた観光センターを残して、住宅地や商店があったところがほとんど流されてしまいました。

望月社長が驚かれたのが、震災当時、多くの人たちが道路代わりに線路の上を歩いていたこと。

瓦礫で道路が埋まってしまっていたため、高台にある線路を歩く以外、移動手段がなかったのです。

その様子を見て、「これは一刻も早く鉄道を走らせなければ」と決意されたそうです。

震災から5日後の3月16日に久慈~陸中野田間、20日に宮古~田老間、29日に田老~小本間が運転再開。

震災で甚大な被害を受けた鉄道の中でどこよりも早く鉄道を走らせた望月社長の行動力に、改めて感銘を受けました。


ki007.jpg

駅のホームから見た田老地区。

3年前にほあしさん達が取材に訪れた時は瓦礫や土台も少し残っていたそうですが、今は完全に撤去され、更地に緑が生え始めています。

「田老地区は、市街地の嵩上げと、高台移転を進めているところです。それまで待てないと、自分で別の高台に家を建てる方もいますが、ほとんどの方は今も仮設住宅で暮らされています。」

ki008.jpg

望月社長に先導していだだいて、田老にある「万里の長城」と呼ばれていた長大な防潮堤の上を歩きました。

X字型の二重に町を守る構造で、総延長は2400m、海面からの高さは高いところで10mの立派な防潮堤でしたが、津波はその上を越えていったそうです。

ki009.jpg

「もう少し、ご一緒したかったのですが、ここで失礼させていただきますね。よい旅を!」

望月社長、お忙しい中、ありがとうございました!

(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑤~三陸鉄道北リアス線~に続く)

スポンサーサイト

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑤~三陸鉄道北リアス線~

ki010.jpg

佐羽根駅は横見さんオススメの秘境駅(風な駅?)

ki011.jpg

駅を降りて少し進むと小さな赤い橋が。

きれいな渓流が流れていて、気持ちのいい穴場スポットです。

ki012.jpg

続いて向かったのは田野畑駅

「カンパネルラ田野畑駅」という愛称がついています。

私も以前プライベートで訪れたことがある、お気に入りの駅。

「あまちゃん」ではユイちゃん達、足立家の最寄り駅、「畑野駅」として使われていました。

ki014.jpg

カンパネルラと愛称がついているだけあって、駅舎内も宮沢賢治の童話に出てきそうな、温かくて可愛らしい造り。

売店や休憩スペース、本などもいろいろ置いてあって、ほっと和める空間です。

ki013.jpg

駅には喫茶店が併設されています。前に来たときは閉まっていたので、中に入れて嬉しい。

田野畑駅は、田野畑村が受託する簡易委託駅なので、改札の窓口にいたお姉さんがコーヒーや軽食を作ってくれます。

ki013a.jpg

ブルーベリーティーを注文してちょっと一息。

うーん、落ち着くわぁ…。

ki014a.jpg

鉄道ダンシの田野畑ユウくんが働いていたので(?)切符を見てもらいました。

さんてつでは鉄道ダンシのグッズも売られていて、女子中高生に人気だそうです。

ki016.jpg

駅の外に出てみます。

さんてつの車両を象った水門が見えます。

ki017.jpg

駅は18mの高台にあり、10cmほど浸水するにとどまりましたが、海側の地区は、津波の被害を受け、今も復旧作業が進められていました。


ki018.jpg

次は島越駅へ。

できたばかりのホーム。線路には真新しいバラストが敷き詰められています。

ki019.jpg

島越駅はさんてつで最も被害が大きかった場所。

写真のように、駅舎、線路、ホームが全て流失し、壊滅的な被害を受けました。

ki020.jpg

私たちが訪れたときは新駅舎が竣工間近で、旧駅舎の面影を残す、八角形のドームがシートから見えました。

震災前、駅舎はホームの海側にあったそうですが、津波対策のため、高台の方に建設しているそうです。

(※新駅舎は今年7月にプレオープンしています)

駅舎や周辺で着々と復旧工事が進められていて、工事関係者の方々が忙しそうに働いてらっしゃいます。

全てなくなってしまったところから、ついにここまで…

「3年で必ず三陸鉄道を復興させます」と望月社長が力強くおっしゃっていたことを思い出し、胸に熱いものがこみ上げてきました。


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑥~三陸鉄道北リアス線~に続く)

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑥~三陸鉄道北リアス線~

ki024.jpg

次に降りたのは堀内(ほりない)駅

「あまちゃん」では、アキちゃん達、天野家の最寄り駅「袖ヶ浜駅」として使われました。

駅のホームからは海が臨めます。

実際のロケ地に使われた袖ヶ浜(小袖海岸)はここから離れたところにあるのですが、「あまちゃん」の雰囲気を味わおうと駅の周辺を散策することに。

ki025.jpg

「今にも夏ばっばが出てきそう…!」

「あまちゃん」ファンのほあしさんが興奮気味にはしゃいでいます。

ki026.jpg

オープニングの、アキちゃんが走っていくシーンに似た防波堤で「潮騒のメモリーズ」ごっこ☆

ki027a.jpg

続いて、小本駅へ.

小本駅のホームの待合室で、お昼ご飯を食べることに。

ki027b.jpg

特製のうに丼…!事前予約が必要な大人気のお弁当です。

ki028a.jpg

蓋を開けたら、蒸したウニがたっぷり!!

ウニの贅沢な味はもちろん、ご飯にもウニのエキスが染みこんで、めちゃめちゃ美味しい♪

ki029.jpg

「これはウマい…!!」

横見さんもご満悦。もりもり頬ばっています(笑)

ki021.jpg

三陸鉄道で美しい車窓風景が楽しめる絶景ポイントでは、運転手さんが徐行運転や停車してくれることもあります。

白井海岸駅~堀内駅にある大沢橋梁から眺める景色。

「あまちゃん」では夏ばっばが大漁旗を持ってアキちゃんを東京に送り出す名シーンが撮影されたところです。

いいお天気だったので、乗客の皆さんも一斉に車窓に向かって写真をパシャパシャ撮っていました。

ki022.jpg

反対側に見える赤い橋は国道45号線の堀内大橋。

ki023.jpg

堀内駅~野田玉川駅にある、安家川(あっかがわ)橋梁から眺める景色。

安家川橋梁は長さ約300m、高さ約30mと、さんてつの中では最も高い橋梁だそうです。

秋には車窓からサケが遡上してくる様子も見られるのだとか…!

ki30.jpg

そして…ついに、久慈駅に到着!

三陸鉄道全線完乗達成!

3年越しの願いが叶いました…!新鉄子チームの感慨もひとしお!


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑦~三陸鉄道北リアス線~に続く)

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑦~三陸鉄道北リアス線~

ki31.jpg

久慈駅では運行本部長の金野さんに久慈駅の車両基地を案内していただくことに。

まずは私の大好きなレトロ車両「さんりくしおさい」号から!

ki32.jpg

エレガントでゴージャスな雰囲気が漂う車内。

この車両の内装も、なんと金野さんご本人がデザインされたそう。

シートのモケットや背もたれの曲線、テーブルの大きさ、照明に至るまでこだわり抜いて造られているとか。

いつか動いているレトロ車両に乗ってみたいなぁ。

ki34.jpg

そしてこちらは新型お座敷車両「さんりくはまかぜ」号!

お座敷列車ということで、ロゴを漢字にするなど、和を意識したデザインになっています。

ki35.jpg

中にはなんと囲炉裏や自在鉤まで…!

「職人さんにお願いしたら、ビックリされました。でも無理を言って作ってもらったんです(笑)」と金野さん。

ki36.jpg

久慈駅の指令室にもお邪魔させていただきました。

お仕事中にも関わらず、皆さん優しく迎え入れていただき、ありがとうございました。

ki37.jpg

久慈駅駅長の橋上さんとほあしさん。

「あまちゃん」の大吉さんのモデルになられたとお聞きし、ほあしさん大喜び!

ki38.jpg

楽しい時間はあっという間。帰りの時刻が迫ってきました。

後ろ髪を引かれる思いで、久慈駅を後にします。

ki39.jpg
 
金野さんと橋上さんがバス停までわざわざお見送りに来て下さいました。

バスが見えなくなるまでずっと手を振って下さり、その温かさに新鉄子一行も感激…!


ki040.jpg


3年前からずっと願い続けてきた、三陸鉄道全線完乗。

ついに叶えられて、本当に感無量でした!


訪れた日は平日にも関わらず、さんてつの車内はお客さんで賑わっていました。

何より印象的だったのは、乗客の方々やさんてつの職員の皆さんが、とてもいい笑顔をされていたこと。

駅舎の待合室や車内には応援メッセージがたくさん飾られていて、さんてつが多くの人たちに愛されているのが伝わってきました。


「あの時、いち早く列車を動かしていなかったら、三陸鉄道はなくなっていたかもしれません。」

望月社長は言います。

「震災後、すぐに列車を動かしたことで、幸いにもマスコミから注目を浴び、多方面からあたたかい支援を受けることができました。また、『あまちゃん』のロケ地にもなり、たくさんの観光客の方々にさんてつを訪れていただいています。

でも、これからが肝心です。震災前より沿線の人口は減少していますし、モータリゼーションも進んでいます。

あまちゃん効果や全線開通による一時のブームに頼るのではなく、より多くの人に乗りに来ていただいて、また来たいと思ってもらえるように、私達はなお一層努力をしなくてはいけません」


ki42.jpg


そんな中で、私たち『新・鉄子の旅』メンバーができること…それはファンの皆さんと一緒にさんてつを応援すること!

ということで、

『新・鉄子の旅』メンバーと乗って応援!「三陸鉄道・貸し切り列車イベント」

を11月9日(日)に開催することになりました!

『鉄鉄子の旅』メンバーと一緒に、貸切列車で三陸鉄道・北リアス線に乗って、ぜひぜひ楽しみながら応援しましょう~!

予約受付開始は9月1日(月)9:00から。三陸鉄道株式会社 ☎0193-62-8900までお申し込みくださいませ。

※電話予約のみ受け付けております。

詳細は下記URLをご覧下さい。

http://blog.ikki-para.com/ikkilog/2014/08/119.html

http://www.sanrikutetsudou.com/category/event_campaign

おそらく、『新・鉄子の旅』メンバーと一緒に旅をするイベントはこれで最後になるかと思いますので、どうか皆さん奮ってご参加下さい…!

メンバー一同、心よりお待ちしています…!!


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅 完)

いよいよ6/25よりスタート! 村井美樹から見た『新・鉄子の旅』!!

みなさま、こんにちは。

僕はコミック誌「月刊IKKI(イッキ)」 (毎月25日発売)で、

今連載中の『新・鉄子の旅』の編集担当・カミムラと申します!

『新・鉄子の旅』は

“前作終了から2年半――

 実録・鉄道旅マンガ、新展開!!

 10代女子マンガ家が女優さんと、

 究極のテツに日本全国

 連れまわされる!!!!!!!

 いきあたりばったり新連載!!”




 (「第1旅」のコピー文より抜粋)


というようなマンガで、

現在発売中の7月号('09/5/25発売)から連載スタートしております!

実は、この『新・鉄子~』では、さまざまな視点から、テツ旅の魅力を伝えていこうと

女優の村井美樹さんにご参加いただいております!!

そんな村井さんには、これから、『新・鉄子の旅』取材中に感じたことを

趣味の写真と合わせて、このブログで自由に語っていただきます!


更新は「月刊IKKI」の発売日と同じほぼ毎月25日。

連載の『新・鉄子の旅』と合わせて読むと楽しさ数倍増!!

『新・鉄子』ワールド(といっても現実の話ですが…)を

さらに深く味くわってみてください!!


(IKKIカミムラ)




 

テーマ : 鉄道の旅 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。