スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29旅 北海道・疾走体験ツアー①


みなさん、こんにちは。
毎日うだるように暑いですが、そんな暑さを吹き飛ばす嬉しいニュース!
ついに、7月30日、拙作「極めよ、ソフテツ道! 素顔になれる鉄道旅」が発売されます~!

sofutetsu3.jpg

た~っぷり、愛情込めましたよっ!
読み返してみると、ホントいろんな所に行ったんだなぁ…としみじみ。
中井精也さんに撮っていただいた写真、書き下ろしやコラム、加筆修正した部分もあるので、毎月このブログを読んでいただいている方も、また新たな感覚でお楽しみいただけると思います!
ぜひぜひお手にとっていただければ幸いです☆


さて、『新・鉄子の旅』第29旅は
北海道・疾走体験ツアー!!
~『月刊IKKI』‘12年9月号(7/25 発売)掲載~

北海道の旅二日目。
今回は宗谷本線を北上しながら「ある場所」へと向かいます。
目的地は“ただひとつ”なので、前回の留萌本線駅めぐりと比べるとずいぶんのんびりした旅になるようです。
横見さんは以前からその場所に行きたくてしょうがなかったそう。
なんでも、普段ではなかなか味わえないテツ体験ができるとか!
いったいどんな旅になるのでしょうか?
ワクワクしながら、いざ、出発進行~!


(第29旅 北海道・疾走体験ツアー②へ続く)
スポンサーサイト

第29旅 北海道・疾走体験ツアー②

2012年5月19日 午前6時過ぎ
旭川のホテルで一泊した私達は、旭川駅に向かいます。

asahikawa1a.jpg

大きく立派な旭川駅。かなり都会の街のようです。
まぁ、夜の寝静まった旭川と、朝の寝静まった旭川しか知らないけどね…。

souya1a.jpg

ピカピカの真新しいホームから、宗谷本線の車両に乗り込みます。
この車両に乗って、北へ北へ。

pippu1a.jpg

響きがかわいい「ぴっぷ駅」(比布駅)や、横見さんオススメの板きれ駅などを通り過ぎながら…

bifuka1a.jpg

8時過ぎ、目的の駅、美深(びふか)駅へ!

さて、次はどの鉄道に乗るんだろう、と思ったら、

bifuka2a.jpg

えっ…?!送迎バス??
どうやら「ある場所」に向かうためには、送迎バスを利用する必要があるそう。
バスに乗り込み向かった先は…


(第29旅 北海道・疾走体験ツアー③へ続く)

第29旅 北海道・疾走体験ツアー③

torokko1a.jpg

トロッコ王国、美深!!
ここは、知る人ぞ知る、鉄道ファン垂涎ものの「穴場スポット」。
なんと保線用のトロッコを自分たちで運転して、実際の線路を走ることが出来るらしい…!!(※運転には自動車運転免許が必要)

torokko15a.jpg

日本一の赤字ローカル線(切ない冠言葉ね…)として全国にその名を知られ、1985年に廃止された旧国鉄路線・美幸(びこう)線

廃線後は、線路が剥がされることもなくそのまま放置されていたのですが、地元の人たちがなんとかこの場所を有効活用できないかと考え、1998年に廃線跡の一部を利用して、この「トロッコ王国・美深」が設立されました。

torokko5a.jpg

美幸線は「美深駅」と「仁宇布(にうぷ)駅」を結んでいた約20kmの短い路線。
トロッコ王国には美幸線の起点仁宇布駅のホームが残っています。

torokko4a.jpg

ログハウス風の建物。
これは仁宇布(にうぷ)駅の駅舎だったのかな…?
と思ったら、駅舎はすでに撤去されたらしく、これはトロッコ王国の入国事務所として建てられたもの。

torokko3a.jpg

事務所内は売店コーナーやテレビもあり、ホッとくつろげるスペースになっています。
まずは受付で入国手続きを済ませ、トロッコの運転の仕方を教えてもらいます。
5月とはいえ、まだ残雪もある北海道。
走行中はかなり寒くなるということで、防寒具のジャケットや毛布などを借ります。

torokko2a.jpg

地図を見ると、結構長い距離を走るみたい。本格的だなぁ。
途中にいくつか鉄橋もあるとか…。ワクワク♪

torokko6c.jpg

よし、防寒具もばっちり着込んで、いざ、出陣~!!!
(※ちなみに運転士は横見さん、車掌はテツ編集長!)


(第29旅 北海道・疾走体験ツアー④へ続く)

第29旅 北海道・疾走体験ツアー④

torokko7a.jpg

ゴ…

torokko12a.jpg

ゴォオオオオオー!は、速い…!

【動画】トロッコの様子はこちら!


最高時速は30km。これが意外と速い!
のんびりゴトゴト…というイメージでいたら、大違い。
しかも横見さんは猛スピードで運転されるし、振動も轟音も激しいし、迫力満点!

風を切って、グングン林の中を駆け抜けるトロッコ。

キャッホー!!!爽快~~!!

torokko14.jpg

鉄橋は柵がなく、ギリギリの所を走るのでかなりスリリング!

往復10Km、走行時間約40分。
ジェットコースターみたいで、想像以上に面白かったです!
ストレスも発散できて、気持ちよかった~!

トロッコを運転し終えて、横見さんから飛び出した名言(珍言)。

torokko9a.jpg

「50年の人生で一番楽しい!!!」
この満面の笑顔!
…いろいろ突っ込みたいところは満載ですが、多くは語るまい。

今まで『新・鉄子の旅』で廃線になる路線をいくつか取材して来ましたが、こういう風に廃線跡を利用して、新たに観光施設を造るのって、とても素敵なアイディアだなぁと思いました。

鉄道ファンの方にとって、かつて列車が走っていた路線を自分で運転して走れるというのは、きっとたまらないものがあるんだろうなぁ。

子ども達にも大人気だそうで、老若男女、みんなが楽しめる施設になっています。
もし、近くに来られた時は、「トロッコ王国・美深」にぜひ遊びに行ってみてくださいね♪
本当にオススメです!

ということで、今回のソフテツ格言
「自分で運転して、運転士気分を満喫しよう!」

(第29旅 北海道・疾走体験ツアー ~完~)
※次回は8/25頃更新予定。お楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。