スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)①~三陸鉄道南リアス線~

皆さん、こんにちは。

まだまだ残暑厳しい日もありますが、吹く風に少しずつ秋を感じるようになってきましたね。

秋と言えば、行楽シーズン!

この先も行きたいところをいろいろ計画中です。まずは…鳴子かな?


mi009a.jpg

さて、石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)

後編は、全線開通した三陸鉄道へ…!

懐かしの「新鉄子の旅・三陸鉄道応援きっぷ」、ついに使う時が来ました!

この切符を手に、南リアス線・北リアス線を目指して、出発進行~!

mi001.jpg

2014年5月19日(月)

2日目の旅は三陸鉄道(通称さんてつ)南リアス線の盛駅から釜石駅までを完乗します。

この日はたまたま学校がお休みということで、急遽、莉希くんと奈保子さんも同行することに。

仙台駅から一ノ関駅までは新幹線に乗り、そこから大船渡線に乗り込みます。

mi002.jpg

莉希くんが真っ先に向かったのはかぶりつき席…!

隣のこけしちゃん達も眺めが良くて嬉しそう。

mi002a.jpg


大船渡線は線路がくねくねと竜のような形をしていることから、「ドラゴンレール大船渡線」という愛称がついています。

ポケモンとコラボした「POKÉMON with YOUトレイン」も土休日に走っていることもあって、莉希くんも大好きな路線なんだそう。

mi003.jpg

テツ編集長おすすめの「スプリングポイント」(レールの分岐器がバネのように動く…?)の解説を受けながら、みんなでかぶりつきます。

mi005.jpg

気仙沼駅に到着。

山手にある気仙沼駅は無事だったそうですが、そこから盛駅までは海沿いを走るため、震災の甚大な被害を受け、今も鉄道は不通になっています。

mi006.jpg

現在、仮復旧としてBRT(バス高速輸送システム)が運行されています。

大船渡線の鉄道のレールが敷かれていた一部がバスの専用道路になっています。

BRTになってから、鉄道よりもやや時間はかかりますが、その分本数が増えて、大分利便性は上がったそう。


mi007.jpg

大船渡線のBRTは三陸の海をテーマにしたデザイン。

鮮やかなマリンブルーの車内が目を惹きます。


mi008b.jpg

奇跡の一本松駅、陸前高田駅、大船渡駅…ニュースで何度も耳にした地域を通っていきます。

今回の旅では、バス移動は被害の大きかった海の沿岸部を通っていくので、初めて被災地の全容を見ることになりました。

瓦礫はほとんど撤去され、更地のまま。そんな風景が延々と続いていきます。

空き地のように見えるこの場所に、かつては多くの人の営みがあったんだ…

その範囲の広さに改めて圧倒され、言葉を失います。

復興にはまだまだ時間がかかることを痛感しつつ、車窓を見つめ続けました。


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)②~三陸鉄道南リアス線~ につづく)



スポンサーサイト

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)①~石巻~

皆さん、元気ですかー!o(^▽^)o

大変ご無沙汰しています。

『新・鉄子の旅』の連載が終わって早一年半。

久しぶりに『新・鉄子の旅』メンバーが集結して、2泊3日の旅をしてきました!

名付けて

石巻・三陸鉄道再訪の旅!

~『月刊IKKI』‘14年9月号(7/25 発売)にて、10ページ特集記事を掲載~


東日本大震災が起こった直後、私達は被災地を取材しました。(※第22旅第23旅参照)

2014年の4月、三陸鉄道がめでたく全線開通を果たしたことをきっかけに、再び彼の地を訪れることに。


あれから3年。

懐かしい方々との再会、開通したばかりの三陸鉄道、そして被災地の今は…?

ニュースではなかなか伝わってこない3年後の今。

再びこの目で見て、現地の方と話して、いろいろ感じることがありました。

さぁ、一体どんな旅になったのでしょう。

『新・鉄子の旅』臨時列車、いざ出発進行ー!



000i.jpg

2014年5月18日(日)

ひさしぶりに『新・鉄子の旅』メンバーが勢ぞろい!

仙台駅に到着した私達は、仙石線に乗って松島海岸駅へ。

松島海岸からは仙石線代行バスに乗り込みます。

000ia.jpg

バスの車窓から仙石線の高架工事が行われている様子が見えます。

着々と復旧活動が進められているようです。

全線開通は2016年だそう。待ち遠しいですね…!



001i.jpg


陸前小野駅から再び仙石線に乗り、石巻駅に到着。


002i.jpg

駅のホームに降り立つと、今野奈保子さんと、莉希くんが出迎えてくださいました。

「莉希くん、また大きくなったね~!」

当時5歳だった莉希くんはもう8歳。

広夢くんと同じ歳になったんだなぁ…。

すっかり身長も伸び、さらに鉄道愛も深まっている様子。

002ia.jpg

「あ!キハ40系だ!」

皆との久しぶりの再会を済ませた後は、すかさず鉄道の方へ。

シャッターチャンスを逃すまいと、自分のカメラでバシャバシャ写真を撮っています。

(す、すごい、確実にレベルアップしている…!)

最近は乗りテツ、撮りテツ、模型テツ(プラレール)に、ますます鉄道づくしの毎日だそう。

005i.jpg

石巻駅を出た後は、今野さんの車に乗せていただき、まずはお昼ご飯へ。

004i.jpg

車だけど、中は対面式…?

奈保子さん「この方がみんなで話しやすいかと思って」

なんだかクロスシートみたい。楽しい!

006i.jpg

ミニーちゃんのつり革につかまる横見さん。(笑)

007i.jpg

こちらは莉希くんオリジナルのさんてつ車両。

さんてつの展開図を描いて組み立て、既存のプラレールに被せています。

006ia.jpg

「車両番号、何がいいかな~?」

008i.jpg

「あっ」

車が揺れるたび、カミムラさんのズボンはどんどんカラフル仕様に…!(笑)

009.jpg

「いただきまーす!!」

010i.jpg

「壱歩」というお店で、ボリュームたっぷりの定食をほおばります。

011i.jpg

そんな様子を微笑ましく見守る伸一さんと奈保子さん。

和やかなひととき。

(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)②~石巻~へ続く)

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)②~石巻~

昼食後、今野さんの車に乗って、再び大川小学校を訪れました。

前回の時は雨が降っていましたが、今日は晴天。

泥土と瓦礫があったところは草が生い茂っていました。

時折、強い風がビュウビュウと吹き付けます。

奈保子さん「ここに来るといつも風が吹いています。みんな流されて遮るものがなくなってしまったからでしょうか…」


012i.jpg


入り口の献花台にはたくさん花が献げられています。

そして校庭の一角には、大川地区で亡くなられた方々の名前と年齢が刻まれた慰霊碑が建てられていました。

6歳、7歳、8歳…

あまりにも若すぎる年齢を目にする度に、胸が苦しい。

3年という月日が流れていても、ここは今も時が止まったまま。

やれきれない思いが込み上げつつも…そっと手を合わせました。


014i.jpg

津波の跡が今も残る校舎。

014ia.jpg

奈保子さん「ここは土台から流されてしまったけれど、もとは体育館でした。この体育館には私もママさんバレーをしに、よく通っていたんですよ」

015i.jpg

子ども達が描いた、『銀河鉄道の夜』の壁画。

奈保子さん「広夢が入学したばかりの時、『学校にね、SLの絵があるんだよ!』って嬉しそうに話していました。ここは広夢のお気に入りの場所だったんです」

016i.jpg

空は抜けるような青空。

3年前の出来事が信じられないほど、静かで穏やかに見える風景。

けれど、やはりここは、今も深い悲しみに包まれたままです。


今、大川小学校は「取り壊そう」という意見と、「残そう」という意見とに割れていて、この先どうなるのか決まっていないそうです。

奈保子さん「……正直、毎日考えが変わるんです。もうこんな辛いこと、思い出したくないから早く取り壊して欲しいと思う日もあれば、ここが広夢たちが生きた証だから、残して欲しいと思う日もあって…。
もともとは遺族のための場所だったこの地が、だんだん観光地化されていってしまっているのも…伝えていくことは大切だと思いつつも、複雑な気持ちですね。」



(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)③~石巻~へ続く)



石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)③~石巻~

017i.jpg

続いて、一行は石ノ森萬画館へ向かいました。

石ノ森萬画館は石巻の中瀬地区で、津波の被害を受けつつも、なんとか流されず、持ちこたえた建物です。

018i.jpg

震災の1年8ヶ月後、約7億5千万円をかけてリニューアルオープンし、今は石巻市の「復興のシンボル」になっています。

休日ということもあってか、お客さんも多く、それぞれに楽しまれているようでした。

021i.jpg

萬画館の館内や周辺を見学した後は、高台にある日和山公園へ。

ここから石巻の市内を一望することができます。


022i.jpg

震災前、石ノ森萬画館のある中瀬地区の写真。

023i.jpg

そして、現在。

石ノ森萬画館以外、今もほとんど建物は建っていません。

奈保子さん「震災前は映画館など、いろいろな施設があったんですよ。」

024i.jpg

石巻湾沿いを見下ろします。

瓦礫は土台からすっかり撤去され、だだっ広い平原に青々とした草が生え始めていました。

024ib.jpg

奈保子さん「今はあの一帯は新しく家を建ててはいけない地域になっているんです。」

人の住めなくなった土地はどうなるんですか?と尋ねると

「震災復興祈念の公園を作ろうという話が上がっています。でも、いまだ生活がままならない方がたくさんいる中で、そういうところに市の予算をかけるのってどうなんでしょうね…」

石巻周辺を今野さん達に案内していただいている間にも、多くの仮設住宅を目にしました。

震災から3年。ニュースではどんどん報じられなくなり、復興は少しずつ進んでいるものだろうと思っていましたが…

いまだ厳しい現実があり、新たな問題も生じてきていることを実感しました。


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)④~石巻~へ続く)

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)④~石巻~

025i.jpg

石巻周辺をひととおり巡った後、一行は今野さんの新居にお邪魔させていただくことに。

ほあしさんから今野家の皆さんへ、『新・鉄子の旅』4集のカバー表紙になった砂絵イラスト原画を贈呈しました。


026i.jpg

「見て見て~!自転車に乗れるようになったんだよー!」

家の周りを自転車で嬉しそうにぐるぐる駆け回る莉希くん。

3年という月日の中で、着実に成長している莉希くんの姿に、なんだかホロリとさせられます。


027i.jpg

「カンパーイ☆」

今野家のお宅で、ちょっとお茶をいただくはずが、伸一さん秘蔵の日本酒(!)まで出していただいて…

突如始まる酒盛りタイム(笑)


028i.jpg

ひとしきり盛り上がった後は莉希くんのお部屋へ。

彼のお部屋は、もはや鉄道王国!

プラレールの線路でぎっしり埋め尽くされています。


031i.jpg

ベッドの下にはちゃんとトンネルもあります。本格的…!

まさにプラレールの為にあるようなベッドだなぁ。

029i.jpg

「うーん、もうちょっと複雑にしたいなぁ。こことここを繋げて、立体交差させたらいいんじゃない」

横見さんのテツの血が騒いだのか、莉希くんの線路工事に次々とアドバイスをし始めます。


030i.jpg

アドバイスだけでは収まらず、ついに自ら線路工事に加わる横見さん。

いつのまにかテツ編集長も参戦…!

50代のテツお二人が子どもに戻ったように本気になっています。

「このカーブをこっちに持って行って…」
「あ!ちょっと長さが足りないなぁ。真っ直ぐの長いレールある?!」

慌ててみんなでレール探し。

気づけばまわりも巻き込んでの大工事にまで発展…!

032i.jpg

大工事が何とか終了し、大人達が固唾を飲んで見守る中、いよいよ試運転スタート…!

033i.jpg

莉希くんのさんてつ車両が走る…!

「おおおー!ちゃんと立体的に動いてる!すごいすごい!」

みんなで大興奮!面白い!


何でしょう、この達成感。

プラレールって、意外と奥が深い。

みんなで知恵を絞って、力を合わせて、レールが繋がっていく喜び。

子どもの玩具なのに、不思議と感動してしまいました。

034i.jpg


…この日は、とても楽しいことと、とても悲しいことの振り幅が大き過ぎて、心の整理がうまくつかない一日でした。

それでも気持ちが重たくなった時に、やっぱり救われるのは莉希くんの存在でした。

広夢くんと同じ歳になり、お兄ちゃんの思いを受け継ぐかのように、ますます鉄道への才能を開花させている莉希くん。

彼が鉄道のことに目をキラキラさせて夢中になっている姿や、はしゃいでいる姿を見るたびに、自然と笑顔がこぼれます。

今野さんご夫婦もそんな莉希くんに元気づけられ、きっとこの3年間を歩んでこられたんだろうな。


莉希くん、また会えて嬉しかったよ。これからも鉄道をどんどん極めていってね…!


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(前編)~石巻~ 完)
※「後編~三陸鉄道~」は8/25ごろ更新予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。