スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9旅 とやまグリーントラム①

皆さん、こんにちは。
毎日寒いですねぇ。モコモコあったかソックスが大活躍の今日この頃です。

さて、『新・鉄子の旅』第9旅は
「とやまグリーントラム発車応援エコイベント!」
~「月刊IKKI」'10年4月号(2/25発売)収録~

前回の「富山ワイルドツアー」から一転、今回はなんと経済産業省資源エネルギー庁が関わるイベント!

2日目第2部では、富山の3社の路面電車をグリーン電力で走らせるという「とやまグリーントラム」の発車セレモニーに鉄子一行が参加してきました。

eco19.jpg

(※これはグリーントラムのサポーターの方に進呈される、記念切符シート。
イラストはほあしさんの書き下ろしです♪)

最近、消費エネルギーが少なく、環境に優しい乗り物として、見直されている路面電車。

実は富山は、
「富山ライトレール」「富山地方鉄道」「万葉線」と、3社もの路面電車が乗り入れているという、全国でも珍しい路面電車都市なのです!

それらがグリーン電力で走っちゃうというのだから、これはもう、優しさドデカミン級(?!)

今回は、北日本新聞社の堀井さんに加え、さらなるゲストがマンガに登場!

eco13.jpg
(イラスト・ほあしかのこ)

経済産業省資源エネルギー庁(当時)にお勤めの眼目佳秀さん。
富山出身の鉄道愛好家! アマチュア鉄道カメラマンとしても活躍されています。

イベントに参加している横見さんに代わって、案内人を引き受けて下さいました。
ほあしさんとかなり意気投合された模様。詳しくはほあしさんのマンガをご覧下さい☆

さあ、メンツも揃ったところで、いよいよイベントスタート!!


(第9旅 とやまグリーントラム②に続く)

スポンサーサイト

とやまグリーントラム②

2009年11月21日、午前10時半。

この日の天気は雨模様だったのだけど、横見さんが会場に到着するとピタリと雨が…!
ホント横見さんは究極の晴れ男だなぁ。

「富山ライトレール」の路面電車"ポートラム"
富山駅北駅に入線してきます。

eco2.jpg

2008年の「富山・鉄子の旅ツアー」で出会って以来、大好きな電車!

新しい車両って、ちょっと味気なかったりするんだけど、このポートラムはヨーロッパの車両みたいででカワイイ!

グリーントラムにちなんでグリーン色の車両で。(※ポートラムのカラーは全7色あります)

駅前の広場にて、ポートラムの魅力について、熱く語り…

eco.jpg

エコメッセージが書かれたシールを車体に貼り付けて…

eco14.jpg

完成!!

eco15.jpg

高校生や鉄道ファンの方々が見守る中、グリーントラムが発車します。

側面のカラフルなラッピングは富山北部高校情報デザイン科の生徒の皆さんがデザインしたそう。
マスコットキャラクターの「トレネコ」がいっぱい☆

富山ライトレールは、昔の富山港線時代より、駅間の距離を縮めたり、本数を増やしたりしたことで、使いやすくなり、利用客も格段に増えたとか。

環境にも人にも優しい次世代型路面電車として、全国の路面電車のモデルにもなっているらしく、これからいろんなところで見られるようになるかもしれませんね♪


(第9旅 とやまグリーントラム③に続く)

とやまグリーントラム③

次は、南富山駅に移動。12時過ぎ、駅構内にて、2つ目のイベントスタート!
「富山地方鉄道」の路面電車(通称・市電)

eco5.jpg

こちらのグリーントラムの窓にもサポーターのメッセージシールが…

eco16.jpg

なんと手書き!
富山地方鉄道のスタッフさんが書いて下さったのかな。
「ちてつ」ならではのアットホームさに心が和みます。

ところで、南富山駅にはかつて、こんな車両がありました。

eco7.jpg

かなり年季が入っていて、いぶし銀の渋さ!!
これは、1951年に製造された車両(デ3533)で、つい最近まで除雪用として現役で使用されていたそう。

2008年の「富山・鉄子ツアー」の時はまだあったけれど、今回のイベントの時は残念ながらすでに廃車になってしまった模様…。

テツ編集長の江上さんはこの車両がいたくお気に入りだったらしく、車両への“愛の雄叫び”をイベントのトークで炸裂させていました(笑)

他にもレトロで味のある車両がまだまだ現役で走っているのが、富山地方鉄道の魅力。

しかし今年に入って、新星が登場☆

その名は…セントラム!!

eco12.jpg
(撮影:紺昌弘)

2009年12月23日から新たに「環状線」という路面電車の路線が開業し、そこを走る車両が「セントラム」

形はポートラムと似ていますが、色は白・黒・シルバーとクールなカラーリング!
特に黒は、電車のカラーとしては斬新で、かなりカッコイイ☆
北九州の真っ黒い飛行機、「スターフライヤー」を彷彿とさせます。

イベントの時は、まだ乗ることは出来なかったけど、いつかまた富山に来るときはぜひ乗ってみたいな~。


(第9旅 とやまグリーントラム④に続く)

とやまグリーントラム④

そしてラストのイベントは、「万葉線」の米島口駅にて。
「万葉線」の路面電車 "アイトラム"

eco9.jpg

こちらのグリーントラムは真っ赤!インパクトありますねぇ。

eco17.jpg

14時半から、米島口駅にある万葉線の車庫前で、イベントが行われました。

eco11.jpg

個性的な顔ぶれがそろう万葉線の車両たち。

eco10.jpg

「この除雪車は、廃車になったデ3533に似ている!!」とテツ編集長が大興奮!

さすがの横見マジックも効かず、ラストは雨の中のイベントになってしまいましたが、終始、和やかな雰囲気でしたよ♪


いや~富山は今まさに路面電車が百花繚乱!
モダンなデザインの新型車両や味わい深い旧型車両…いろいろな車両を満喫できました。

3つのイベントを通して感じたのは、富山の路面電車は親しみやすい!ということ。
ただの移動手段としての電車ではなくて、それぞれに特色があり、地域の住民の方々にもとても愛されている気がしました。

鉄道の廃線が増えている中、これだけ活気があるって素晴らしい!
これからも、富山県には日本の路面電車界(?)をドンドン牽引してもらいたいものです。


ということで、今回のソフテツ格言は、
「富山に来たら、路面電車に乗るべし」

注:◇印は眼目さんに撮っていただいた写真です。


(第9旅 富山グリーントラム⑤に続く)

とやまグリーントラム⑤

☆オマケ☆

ここで、皆さんにビッグニュース!

ついに!とうとう!!
『新・鉄子の旅』コミックス第1集が発売されました!!
わーーい!!

こうやって一冊の本になると、本当に感慨深いものがあります。

eco18.jpg

実はこの表紙、よく見ると…ほあしさん自作の「砂絵」で出来ているんです!
砂絵を作ったのは小学生以来だそうですが、可愛くて、ほあしさんらしさが良く出ていますよね♪

訳のわからぬまま、いきなり濃~いテツの世界へ放り込まれたほあしさん。
このコミックスはそんなほあしさんの汗と涙の成長記録でもあります。

さらに、私のソフテツブログの抜粋も載せていただき、感激!!
自分の文章が本になっちゃうなんて…なんだか不思議な気分。

今までマンガを読まれていない方も、ぜひぜひこの機会にコミックスを買って、ブログと合わせてお楽しみ下さいね~o(^0^)o


(第9旅 富山グリーントラム⑤~完~)
※ 次回は4月25日ごろ更新。お楽しみに!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。