スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー①

皆さん、こんにちは。

8月~10月にかけて、『新・鉄子の旅』はイベントラッシュでした。
(8月「ひたちなか海浜鉄道」9月「銚子電鉄」10月「富山地方鉄道」)

イベントに参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

いつもは5人でこぢんまりと旅を続けていましたが、こうして「鉄子の旅」の読者の方々と直接ふれ合い、生の声を聞けるというのはとても貴重な体験で、また違った楽しみがありますね♪

今回は、記念すべき、イベントラッシュの第1弾をご紹介しようと思います☆


2011年7月23日
東日本大震災の影響で運休を余儀なくされていた「ひたちなか海浜鉄道・湊線」が、懸命な復旧作業を経て、無事全線運転再開となりました。

hitachinaka2.jpg

「湊線」震災直後の写真です。
被害の最も大きかった金上駅~中根駅間。
線路そばの溜池が決壊し、土砂が流出して、線路が宙づり状態に…。
(写真提供:ひたちなか海浜鉄道)

hitachinaka3.jpg

こちらは復旧後の写真。
溜池が埋め立てられ、レールも綺麗に敷き直されています。
他にも、30余りの被災か所があり、全ての復旧費用に3億円もかかったそうです。
(写真提供:ひたちなか海浜鉄道)

ここに至るまでにも、職員の方々や地元の方々の、並々ならぬご努力があったと思います。

とは言え、復興はまだまだ始まったばかり―――

震災とその後の風評などで遠のいてしまった客足を取り戻すべく、微力ながら『新・鉄子の旅』でも何か応援できないかと考え、あるイベントを企画しました。

題して

祝☆運転再開!『新・鉄子の旅』メンバーと行く、ひたちなか海浜鉄道応援ツアー!!

~『月刊IKKI』2012年1月号(11月25日発売)掲載~

新・鉄子メンバーが、公募した41名の参加者の皆さんと一緒に、「湊線」のオススメ駅や車両を味わい、しかもそのツアーの模様が漫画になるという、スペシャルな企画!!

hitachinakamap.jpg

このツアーをきっかけに、ひとりでも多くの方々に「湊線」の魅力を知ってもらい、ますます盛り上げていきたい!

楽しい旅になるように、いろいろと趣向を凝らした内容になりました♪

さぁ、一体どんなツアーになるのでしょうか??
ワクワクしながら、いざ、出発進行~!!


(第24旅 ひたちなか海浜鉄道応援ツアー②へ続く)


スポンサーサイト

第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー②

2011年8月20日(土)東京駅バス乗り場 8:30

この日は真夏にもかかわらず、曇り空でヒンヤリ涼しい気候。
暑いのが苦手な私にとってはまさに天の恵み…!
「横見マジック」今回もバッチリ効いています♪

bus1.jpg 

ツアー参加者の皆さんは、さすが鉄道好きとあって、集合時間前に全員勢ぞろい(素晴らしい!)
『新鉄子』メンバー、まずはバスの前でパチリ☆

badge.jpg

カワイイ特製缶バッジを身につけ、バスに乗って、「ひたちなか海浜鉄道・湊線」を目指します。

omen1.jpg

ちなみにほあしさんは顔出しNGということで、写真に写るときはこのお面が大活躍☆
(そのまんまなので、つけてもつけなくても変わらないんじゃないか…という意見大多数(笑))

bus2.jpg

イベントの司会進行は編集担当のカミムラさん。
数々の鉄子関連のイベント進行役をこなされ、軽妙なトーク回しと横見さんいじりに関してはもはや右に出る者はいない…?!

車内では『新・鉄子の旅』の裏話もポンポン飛び出し、盛り上がっているうちに、あっという間に目的地に到着!

hitachinaka1.jpg

※今回のツアーで使ったのは、湊線応援券付き1日フリー切符。(1000円) 
これで、湊線の駅を巡ります♪


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー③へ続く)


第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー③

nikkomae3.jpg

最初に訪れたのは、日工前駅
駅の傍に日立工機の工場があり、もともとは日立工機の従業員の方専用の駅だったそう。

「こんな何もない駅からツアーがスタートするなんて横見セレクトでなければあり得ない!だから俺ってスゴイ!ガハハハ!!」

さっそく横見節が炸裂しています…(^^;)

nikkomae1.jpg

「湊線」の駅名標はオシャレでとってもユニークなデザイン!

これは一昨年に「みなとメディアミュージアム」※1に出品された「湊線フォント」という作品だそう。
※1 ひたちなか海浜鉄道沿線を舞台に開催する現代アートプロジェクト

駅名標のフォントのひとつひとつに駅の特徴が隠されています。
旅に彩りを添えてくれるアイディア、いいですねぇ。

nikkomae2.jpg

突然、ホームでカミムラさんの前に人だかりが。
「おぉ~!!これが鉄子名物、カミムラメモ※2ですねっ!」
※2 前作『鉄子の旅』参照。『新・鉄子の旅』第1巻・第3旅でも、記憶を失うほあしさんをバッチリサポートしています。

一斉にバシャバシャとメモの写真を撮りまくる皆さん。
何故かメモまで被写体になる…なんとも不思議なツアーです(笑)

さぁ、日工前駅から、いよいよ「湊線」の車両に乗り込みます。
ほあしさんと私が危うく列車に乗り遅れそうになるハプニング(!)がありつつも…


katuta1.jpg

無事に勝田駅へ。
勝田駅は「湊線」の始発駅。他にJR常磐線や水戸線とも接続している駅です。
(勝の字に、ひたちなか海浜鉄道のロゴマークが描かれている!)

katuta3.jpg

日工前駅から乗ってきたカラフルなアニマルトレイン
動物がいっぱいで、にぎやかですねぇ。

katuta4.jpg

車両の側面は、よく見ると、こどもたちの可愛いイラストが。
みんな思い思いに描いていて、微笑ましいなぁo(^-^)o


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー④へ続く)


第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー④

nakane1.jpg

今度は、横見さんイチオシの駅中根駅へ。
(近くに古墳があるのかな…??)

一見、秘境駅っぽく見えるところがポイントだそうです。

ホームの傍にはひまわりの花や、

nakane2.jpg

キバナコスモスが咲き…

nakane6.jpg

目にも鮮やかな青々とした田んぼが広がっています。

nakane3.jpg

「ホームの対岸からみる眺めがいい!」
と横見さんオススメスポットから、ツアーの皆さんをパチリ☆
みんなとっても気持ちよさそう~!

nakane7.jpg

中根駅では長めに時間がとってあったので、のんびりあちこちを散策。
田園の中を、ゆったりとキハ3710がやってきます。
(3710は「みなと」にちなんだもの)

ああ、こういう風景、癒されるわぁ…。


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑤)

第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑤

nakaminato1.jpg

さぁ、今回のツアーのメイン会場、那珂湊駅へ。
(車両基地があるからこのフォントなのかな??)

osamu.jpg

ホームで那珂湊駅のマスコット猫、おさむくんに遭遇!
黒猫だと思っていたら、意外と茶色い?
カメラを向けてもつれなくて、マイペースな感じが逆にそそられます(笑)
もっふもふの毛がかわいい~♪

mikitetsu1.jpg

那珂湊駅の車庫に、ミキ300!!
実はこの車両、今回のツアーで会うのを心待ちにしていたのです。

私がソフテツに目覚めて間もない頃、横見さんからこんなお土産をいただきました。

mikitetsu4.jpg

「字は違うけど、美樹ちゃんと同じ名前の三木鉄道がね、廃線になっちゃったんだよ…」
と、寂しそうに語っていた横見さん。
知ったときには、すでに時遅し。もう会えないのかぁ、と思っていたら

mikitetsu2.jpg

何とここでご対面!ミキがミキに…!!(笑)
2009年に、はるばる兵庫県の三木市から「ひたちなか海浜鉄道」へやってきたのです。
念願叶ってやっと会えました☆

takomeshi.jpg

ミキ300の車両の中でお昼ご飯。(ラッキー!)
ひたちなか名物、「みなとの多幸(たこ)めし」♪
やわらか~いタコの足が、まるごと一本入ったお弁当。
ひたちなかの海の幸や山の幸がたっぷり詰まっていて、美味しい!

sunae1.jpg

お腹がふくれた後は、ホームにて砂絵体験!
ほあしさんが「ひたちなか」をテーマに制作した砂絵をお手本に、みんなで協力して巨大なサンドアートを作ります。

sunae2.jpg

下絵に糊を塗り、紙コップに入った色砂を少しずつ撒いていきます。
小学校の時の図工の時間みたいで、楽しい~♪
でも、細かいところはなかなか難しく、慎重に進めなければいけません。
作業に没頭して、スッカリ「砂と私」だけの世界へ…(^^;)
気づいたら、あっという間に小一時間過ぎていました。

※ちなみに横見さんは、こういう作業が苦手らしく、赤い砂をドバーッと広げてしまい、
みんなから「あー、もー、横見さん~!!」と突っ込まれていました…(笑)

nakaminato2.jpg

砂絵がだいぶん形になってきたところで、「ひたちなか海浜鉄道」さんへ贈呈式。

ほあしさんオリジナル砂絵と、ツアーの皆さんからの義援金、鉄子の旅コミックスを、吉田千秋社長へお渡ししました。

※吉田さんは、過去に、廃線の危機にあった富山県の路面電車「万葉線」を様々なアイディアで立て直し、活性化へ導かれた手腕の持ち主。2008年に公募で「ひたちなか海浜鉄道」の社長に就任され、「湊線」の再生に向けて、ご尽力されています。


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑥へ続く)

第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑥

ajigaura1.jpg

那珂湊駅を後にし、終点の阿字ヶ浦駅
名前の通り、すぐ近くに阿字ヶ浦海岸があるそうで、駅に降り立った瞬間から、ほんのり潮の香りが。

駅舎もなかなか、アジがある駅です。←横見さんお気に入りのダジャレ

ajigaura6.jpg

「わーい☆海だー!!」
テンションが上がる、私&ほあしさん。その手に持つのは…

ajigaura5.jpg

ドデカミン!!(笑)

第1旅&2旅の久留里線全駅下車の旅で、すっかり「村井美樹=ドデカミン」のイメージが定着してしまったらしく(?!)あるツアー参加者の方が差し入れしてくださったのでした。

そして突如始まるドデカミン撮影会。
私もついノリに任せ、ファイトバクハツ!!なポーズを連発…(^^;)

ajigaura4.jpg

ツアーの皆さんの中では稀少な、鉄子さん達とパチリ☆
ガールズトークで盛り上がりました♪


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑦へ続く)


第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑦

kiha20041.jpg

そして、ラストイベント、貸し切り車両キハ2004に乗って、阿字ヶ浦駅から勝田駅まで全線乗車!

kashikiri10.jpg

実はこのキハ2004の貸し切り車両、テツ編集長・江上さんの強いリクエストによって実現したのです。

編集長曰く、

「(鼻息荒く)クリーム色&赤ひげの旧国鉄準急色の塗装が、たまらない~っ!!!」

のだそうです…。


kashikiri3.jpg

板張りの床も渋くてステキ♪

kashikiri2.jpg

みんなニコニコo(^-^)o

kashikiri4.jpg

それぞれにエンジョイ中!!

kashikiri6.jpg

「この排気管の丸みがグッときますねぇ~!!」
目をキラキラさせながら、車両解説をするテツ編集長。本当に嬉しそうです。

nakane4.jpg

中根駅付近の田園風景。何度通ってもこの景色はいいなぁ…。
窓を開けると爽やかな風が吹き抜け、最高に気持ちいい!


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑧へ続く)


第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑧

sunae3.jpg

勝田駅から、再び那珂湊駅へ向かうと、先ほどの砂絵がついに完成!!
砂絵のエキスパートのお二人(インフィオラータ・アソシエイツの横江英之さんとサンドアーティストの水井友仁さん)が最後の仕上げをしてくださったのです。

sunae4.jpg

こうして、皆さんの力が合わさり、見事な作品が出来上がるなんて…なんだか感動。
この砂絵は、しばらく那珂湊駅に飾っていただけることに。(今もまだあるのかしら…??)

nakaminato3.jpg

那珂湊駅の駅舎は、なんと築100年。
震災ではビクともしなかったそう(!)で、頑丈に造ってあるんだなぁ。
待合室はエメラルドグリーンの天井に、丸い照明がレトロで私好み♪

omiyage.jpg

旅の最後に、那珂湊駅で買ったお土産。
キハ2005のマグカップ、愛用中です♪
「ほっしい~も」も美味しかった!

shugou.jpg

…ということで、「ひたちなか海浜鉄道応援ツアー」無事に終えることが出来ました。

参加してくださった皆さん、ひたちなか海浜鉄道の皆さん、スロウカーブの上條さん、ツアースタッフの皆さん、ありがとうございました!!

「湊線」の魅力がギュギュギュッとつまった、本当に楽しいツアーになりました☆

あまりにも純粋に楽しみすぎて、ツアー中は、復旧祝いや応援で来ているということを思わず忘れてしまう程で…(^-^;) 


でも、私が一番好きだった中根駅からの美しい車窓。

どこまでも続いていきそうな、目の覚めるような緑。

あの田園風景は、復旧したからこそ、見られた景色。

春は田んぼの水鏡が綺麗で、秋は稲穂が黄金色に輝いて…

きっと来るたびに、新しい発見があるんだろうな。

湊線、いつか必ず、また訪れてみたいです…!


ということで、今回のソフテツ格言は、

「ドンドン鉄道に乗って、復興につなげていこう!」


☆オマケ☆

帰りのバスの中では、じゃんけん大会が催され、大いに盛り上がりました。
勝った方にはレギュラー陣から記念品をプレゼント!

bus4.jpg

村井賞のひとつは、私が初めて絵付けしたこけし!!

bus5.jpg

そして、横見賞は、横見さんと初めて一緒にお仕事させていただいた時の、「日めくりで駅めぐりカレンダー」激レアポスター!!(セロテープで貼った跡付き)

このポスターを見るたび、無性に、穴に入りたくなります…(汗)


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー 完)
※次回は12/25ごろ更新予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。