スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一都二県スーパー大回り④

約9時間かけて、房総半島大回りを終え、後半の大回りに向けて、千葉駅にて、遅めの昼食タイム。

皆で駅の中にある立ち食いそば屋「万葉軒」に入り、それぞれそばを選ぶことに。

時間もほとんどなかったので、さらっと食べられて、でもちょっと味にアクセントがあるものを…と、私は「鶏そば」を注文しました。

普通、「鶏そば」っていったら…ねぇ?
鶏肉をお醤油ベースで煮たものが入っていると想像するじゃないですか。

出てきたのは…


bousou6.jpg


か、唐揚げ…?しかもでかい…!!Σ(゚д゚;)

これ、唐揚げ一個の大きさですよ?かき揚げじゃないんですよ?
呆然と鶏そばを見つめているうちに男性陣は早々とそばを完食し、ほあしさん(たぬきそばと格闘中)と私も、慌ててそばをお腹に詰め込みます。

「なんか、食べても食べても、…減らないね」
「はい…」

横見さんが、私たちのすぐ横に立って、時計を見ながらプレッシャーをかけてこられます。

「あと3分か…。余裕だな」
「…!!!!!」


その言葉を聞いて、急に私の闘志はメラメラと燃え上がりました。

ここで負けを認めていいのか、村井美樹。そんなんじゃ女がすたる!!
これは鶏そばと私のガチンコ勝負!!
食うか食われるか!!(いや私が食うんやけど)

「オラオラオラオラオラァ~!!(#`Д´)・:∴」  ↑ また…

あの時の村井さんはまるで飢餓状態のハイエナのようで、とても怖かったです…とのちにほあしさんは語っていました。

なんとか鶏そばを完食し、総武線のホームへ猛ダッシュ!!

さぁ、いよいよ後半戦!!

…で す が、

後半の大回りは、ひたすら意味も分からず、都心の車両に乗りまくり、移動しまくり、帰宅ラッシュに揉まれまくり、外も暗くて車窓もへったくれもという状態だったので、

割愛!!(写真一枚も撮っていませんでした☆エヘ)

思い出すといえば、ものすごく疲れたということと、最後に切符を見せた時、駅員さんの顔がとっても迷惑そうだったことくらいでしょうか。

ホント、何だったんだろう、後半…。

(第3旅 130円スーパー大回り⑤へ続く)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。