スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19旅 北海道・流氷ツアー(前編)④

網走監獄を無事出所した後、再び網走駅に戻り…

norokko1.jpg

いよいよ本日の目玉「流氷ノロッコ号」に乗り込みます!!
ゆっくり走る→のろい+トロッコで、「ノロッコ号」と名付けられたそう。
流氷シーズンの1月下旬から3月上旬に、網走~知床斜里間を1日2往復運行します。

norokko3.jpg

流氷の絶景を楽しめるように、オホーツク海側は、ベンチが窓向きの展望仕様になっています。
モスグリーンの車内に木目調の椅子やテーブルがあたたかい雰囲気。
等間隔に飾られた(吊された?)ぬいぐるみ達が乗客を出迎えてくれます。

車内中央には昔懐かしいダルマストーブが!

norokko7.jpg

ストーブの上でスルメを焼くこともできます。
これ、憧れだったの~!
パチパチ音を立てながら、フワ~っとスルメの香ばしい薫りが…。
うーん、一杯ひっかけたい(笑)

norokko4.jpg

ノロッコ号が走り始めると、お待ちかねのランチタイム。
展望席に座って、景色を楽しみながら、駅弁をいただきます。
北海道・海の幸づくし!
柔らかいカニとプリップリのイクラの贅沢な組み合わせ。
嗚呼…至福の時。

そして、ついに…!

norokko9.jpg

流氷キタァァァーーー!!!!
海岸線まで接岸していて、陸地がずぅーっと遠くまで続いているよう!

流氷は気まぐれで、シーズン中も風向きでついたり離れたりを繰り返すらしい。
ノロッコ号のアテンダントさんによると、前日までは接岸していなかったそう。
今回見られた私たちはかなりラッキーなんだとか!

初めて体験する景色に、感激もひとしお!
はるばるここまで来られて良かった~!!


(第19旅 北海道・流氷ツアー(前編)⑤へ続く)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。