スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22旅 被災地へ(前編)~宮古・三陸鉄道~①

皆さん、ご無沙汰しています。

東日本大震災から半年以上が経ちました。
少しずつ、復興への足音も聞こえつつも、いまだ生活再建がままならず、心に傷を抱えながら厳しい生活を送っている方が数多くいらっしゃるのだと思うと、とても胸が痛いです。

「私達を忘れないで欲しい。震災を風化させないで欲しい」
半年を振り返るテレビ番組で、被災地のある方がこう仰っていました。

以前、このブログでも少し触れましたが、震災から2ヶ月後の5月11日と12日に、横見さんとカミムラさんと私とで岩手県三陸鉄道と宮城県石巻を訪れました。(ほあしさんと編集長は仕事で行けず)

本当はもっと早く、被災地で見た現状をブログで皆さんにお伝えしたいと思っていたのですが、なかなか言葉にすることが出来ず、悶々としながら何度も書き直したりしているうちに、ずいぶんと時間が経ってしまいました。

ご報告が大変遅くなってしまって本当にすみません…。

刻一刻と変化していく被災地。
ここに書かれていることはタイムリーではありません。
でも、あの当時のことを振り返り、向き合うことは、とても大切なのだと改めて痛感しています。
忘れないように、風化させないようにするためにも。

そして、ほあしさんも、私達の訪問から2か月半後の7月25日・26日に三陸鉄道と石巻を訪れ、その前半部分の三陸鉄道編が『月刊IKKI』’11年11月号(9月25日発売)に掲載されています。

初めは、被災地に行くのが怖かったほあしさん。
そのほあしさんが勇気を振り絞って漫画にしています。

どうぞ、合わせてご一読していただければと思います。


(第22旅 被災地へ(前編)~宮古・三陸鉄道~②へ続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。