スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23旅 被災地へ(後編)~石巻~①

皆さん、こんにちは。
前回の宮古・三陸鉄道に引き続き、今回は石巻へ行ったことを書こうと思います。

あの時からもう、5ヶ月以上過ぎてしまいました。
当時と今とでは、状況も、感じていることにもズレがあるかもしれません。

でも出来る限り、その当時見たこと、思ったことを正直に書いたつもりです。
本当に本当に長く時間がかかってしまいましたが、ぜひ皆さんにも読んでいただけたらと思います。

そして、ほあしさんも『月刊IKKI』’11年12月号(10月25日発売)で、7月26日に石巻を訪れたことを漫画にしています。

彼女もまた悩み、考えながら一生懸命描いています。
どうかこちらも合わせて読んでいただければと思います。


2011年5月12日

被災地訪問2日目、私達は、あるご家族にお会いするため、仙台駅から石巻駅に向かうバスに乗り込みました。

きっかけは、読売新聞の記者さんから横見さんへ届いた一通のメール。

全校児童108名のうち、震災で7割が犠牲となってしまった石巻市立大川小学校。
記者さんが大川小を取材されていたところ、亡くなられた大川小2年生の「今野広夢(ひろむ)くん」という男の子を知り、ぜひ横見さんにもこの少年の存在を知って欲しい、とご連絡してくださったのです。

広夢くんは、将来JRの運転士さんを夢見る、筋金入りの「鉄道ファン」だったそう。
日本全国の路線がそらんじられる程で、テレビに一瞬でも鉄道が映ると、その始発駅や終点駅、走行速度など様々なうんちくを披露していたそうで、ご家族からは「広夢先生」と呼ばれていたとか。

弟の莉希(りき)くんと共にアニメ「鉄子の旅」が大好きで、ビデオテープがすり切れるくらい何度も繰り返し観てくれていたらしく、「ぼくも横見さんみたいに全駅制覇するんだ!」と、楽しそうに、横見さんのしぐさや口ぶりを真似したりしていたそうです。

この話を聞いて、初代『鉄子の旅』の作者・菊池直恵さんが、「広夢くんの夢をせめて絵の中で叶えてあげたい」とイラストを描かれました。

1日目に三陸鉄道を訪問させていただいたこともあり、「せっかくならば直接ご家族にお渡ししよう」ということで、2日目は横見さん、カミムラさん、私の3人で、その絵を石巻のご家族の元へお届けすることになったのです。


(第23旅 被災地へ(後編)~石巻~②に続く)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。