スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑤

nakaminato1.jpg

さぁ、今回のツアーのメイン会場、那珂湊駅へ。
(車両基地があるからこのフォントなのかな??)

osamu.jpg

ホームで那珂湊駅のマスコット猫、おさむくんに遭遇!
黒猫だと思っていたら、意外と茶色い?
カメラを向けてもつれなくて、マイペースな感じが逆にそそられます(笑)
もっふもふの毛がかわいい~♪

mikitetsu1.jpg

那珂湊駅の車庫に、ミキ300!!
実はこの車両、今回のツアーで会うのを心待ちにしていたのです。

私がソフテツに目覚めて間もない頃、横見さんからこんなお土産をいただきました。

mikitetsu4.jpg

「字は違うけど、美樹ちゃんと同じ名前の三木鉄道がね、廃線になっちゃったんだよ…」
と、寂しそうに語っていた横見さん。
知ったときには、すでに時遅し。もう会えないのかぁ、と思っていたら

mikitetsu2.jpg

何とここでご対面!ミキがミキに…!!(笑)
2009年に、はるばる兵庫県の三木市から「ひたちなか海浜鉄道」へやってきたのです。
念願叶ってやっと会えました☆

takomeshi.jpg

ミキ300の車両の中でお昼ご飯。(ラッキー!)
ひたちなか名物、「みなとの多幸(たこ)めし」♪
やわらか~いタコの足が、まるごと一本入ったお弁当。
ひたちなかの海の幸や山の幸がたっぷり詰まっていて、美味しい!

sunae1.jpg

お腹がふくれた後は、ホームにて砂絵体験!
ほあしさんが「ひたちなか」をテーマに制作した砂絵をお手本に、みんなで協力して巨大なサンドアートを作ります。

sunae2.jpg

下絵に糊を塗り、紙コップに入った色砂を少しずつ撒いていきます。
小学校の時の図工の時間みたいで、楽しい~♪
でも、細かいところはなかなか難しく、慎重に進めなければいけません。
作業に没頭して、スッカリ「砂と私」だけの世界へ…(^^;)
気づいたら、あっという間に小一時間過ぎていました。

※ちなみに横見さんは、こういう作業が苦手らしく、赤い砂をドバーッと広げてしまい、
みんなから「あー、もー、横見さん~!!」と突っ込まれていました…(笑)

nakaminato2.jpg

砂絵がだいぶん形になってきたところで、「ひたちなか海浜鉄道」さんへ贈呈式。

ほあしさんオリジナル砂絵と、ツアーの皆さんからの義援金、鉄子の旅コミックスを、吉田千秋社長へお渡ししました。

※吉田さんは、過去に、廃線の危機にあった富山県の路面電車「万葉線」を様々なアイディアで立て直し、活性化へ導かれた手腕の持ち主。2008年に公募で「ひたちなか海浜鉄道」の社長に就任され、「湊線」の再生に向けて、ご尽力されています。


(第24旅 茨城・ひたちなか海浜鉄道応援ツアー⑥へ続く)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。