スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26旅 青森・長野ホワイトクリスマス旅(前編)③

ここで、今回の旅の主役十和田観光電鉄(通称:十鉄)に乗り換えます。
三沢駅~十和田市駅をつなぐ、片道約30分足らずの小さなローカル線
2012年3月いっぱいで廃線になることが決定し、その後は路線バスに転換していくそうです。

misawa2.jpg

隣にある「青い森鉄道」の近代的な三沢駅舎と打って変わって、
昭和な旅愁感がたまらない「十鉄」の三沢駅舎
昭和29年に建てられたそう。
コンクリートのさびれ具合が何とも言えない味を出しています。

misawa5.jpg

駅舎の中には蕎麦屋さんが。
待合室にふわぁ~と蕎麦つゆのいい香りが漂っています。
ここのお蕎麦、美味しいと評判のお店だそうです。食べてみたかったなぁ…。

misawa4.jpg

うん、このノスタルジックな雰囲気、結構好きかも!
ここだけまるで昭和のまま、時が止まっているよう。

misawa7.jpg

改札は発車の少し前から始まります。
ホームに続く扉がガラガラと開けられ、駅員さんが改札をしてくれます。
こういうのも懐かしい感じがしていいなぁ。


(第26旅「青森・長野ホワイトクリスマス旅(前編)」④へ続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。