スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26旅 青森・長野ホワイトクリスマス旅(前編)④

towada5.jpg

ノスタルジーな気分のまま、ホームに出ると、あれ?普通のステンレス製の車両。
…うーむ、ちょっとさみしい。

でもこの車両、どこかで見たことあるような…?
そうだ、「東急電鉄」だ!
2002年に東京の「東急」から青森の「十鉄」へ譲渡された車両だそうです。

towada4.jpg

車内に入ると、クリスマスムードを盛り上げるためか、派手なクリスマスデコレーションでいっぱい!
い、意外とクリスマス気分を味わえてるかも…。(ビックリ)

Bunikamura.jpg

つり革には渋谷のBunkamuraの広告がそのままに!
はるばる青森まで来たはずなのに、自分が今どこにいるのか一瞬わからなくなりそう…(笑)

towada1.jpg

サンタとトナカイのコスプレ(?)コーナーや、

towada2.jpg

LOVEシート(!)まで。

towada10.jpg

終点の十和田市駅には、サンタの格好をしたアテンダントのお姉さんが出迎えてくださり…

towada11.jpg

キャンディーとクリスマスカードのプレゼントをいただきました。

towada6.jpg

カードはなんと、ひとつひとつ手づくり!
心のこもったお持てなしに思わずホロリとしてしまいました。

クリスマストレインはこれまでも十鉄が毎年恒例で走らせてきたのだそう。

初めは、あまりにもにぎやか過ぎて、若干ノリについて行けなかったのですが(…スミマセン!)

この装飾も、アテンダントのお姉さん達が一生懸命飾り付けされたんだろうなぁと思うと、
なんだか、最後の打ち上げ花火のような気がして、感慨深いような、ちょっぴり切ないような…。

廃線する前に「ハレ」の日の特別な十鉄を見られて、貴重な体験ができました。


(第26旅「青森・長野ホワイトクリスマス旅(前編)」⑤へ続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。