スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27旅 青森・長野ホワイトクリスマス旅(後編)④

そして、ついに…
直江津駅から約5時間後の10時23分長野駅に到着!!
青森駅からは約16時間…。な、長かった…。(ゲッソリ)

長野駅から、しなの鉄道で屋代駅まで行き、
ようやく、2日目の主役、
長野電鉄(長電「ながでん」)屋代線へ!

「長野電鉄・屋代線」は屋代駅と須坂駅を結ぶ全長24kmあまりの路線。

大正11年に開業し、90年の歴史を持つ路線でしたが、「十和田観光電鉄」と同じく、2012年3月いっぱいで廃線になり、代替バスに切りかわってしまうそうです。

yashiro1.jpg

しなの鉄道から長野電鉄へ乗り換える木造の跨線橋は、まるでタイムトンネルのよう。
渡っているうちに、すっかり昭和レトロの世界へと誘われていきます。

yashiro2.jpg

屋代駅の待合室。うーん、この年季の入り具合…激シブ!!
窓枠もアルミサッシではなく木でできていて、壁の木目の朽ちた感じなど、相当いい味が出ています。
横見さんが興奮されるのも分かる気がするなぁ。

yashiro4.jpg

ホームの屋根も、木造建築!
黒々とした重厚感ある屋根。かなり迫力があります。

yashiro3.jpg

長野電鉄の車両に乗り込む鉄子一行。
こちらは営団地下鉄時代、日比谷線を走っていた車両だそう。
ステンレスの車両かぁ…と思ったけど、これも当時を知る方々には懐かしい車両なんだとか。
「マッコウクジラ」というあだ名がついているらしい。

yashiro5.jpg

新潟の景色とは打って変わって、長野では雪はだいぶん少ない印象。
それでも外に出ると気温は低く、底冷えする寒さです。

suzaka1.jpg

まずは屋代線の終点、須坂駅に到着。
須坂駅には車両基地があります。

ここで、赤とクリーム色のツートンカラーが可愛い車両に出会いました。
これは長電のオリジナル特急車両で、「りんご電車」というそう。
たしかに美味しそうなカラー♪


(第27旅 青森・長野ホワイトクリスマス旅(後編)⑤へ続く)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。