スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(前編)①

皆さん、こんにちは。
8月もあと少し。夏はどこかに出かけられたりしましたか?
私もとある旅を計画中です。計画を立てる時って無性にワクワクしますよね。
「これから始まるんだ」というあの高揚感がたまりません。


さて、『新・鉄子の旅』第30旅は、
テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(前編)!
~『月刊IKKI』‘12年10月号(8/25 発売)掲載~

水路で鉄道旅…?
どうやら、今回はかなり異色な旅になりそうです。

何故なら…鉄道には乗らないから!

boat1.jpg

乗るのは、なんとコレ!小型モーターボート!

そして案内人は、横見さんでなく…

ishizakasan.jpg

この方、石坂善久さん!
上の写真の小型ボートの持ち主です。

石坂さんはお休みの日になると、ボートで東京中の水路をあちこち巡っていらっしゃるのだそう。
水路といえばこの方!というくらいの水路愛好家で、「タモリ倶楽部」にも出演されたり、 『東京水路をゆく』(東京経済新報社)という、水路旅の魅力が詰まった本も執筆されたりしています。

お会いすると、物腰が柔らかく、とってもお優しい方。お話される言葉から水路に対する愛がひしひしと伝わってきます。

石坂さんがおっしゃるには、東京は“水路の街”なんだとか。

江戸の頃は、物流の中心は「水運」であり、物資や人々の移送もほとんど水路を使って行われていたそう。

下町のある低地には人工の水路が縦横に張り巡らされ、水路の発達と共に、江戸・東京は大都市として発展していきました。

戦後、水運は衰退し、水路も埋め立てられてしまいましたが、それでも都内にはまだまだ多くの名残があり、水路が息づいているらしい!

そんな水路の魅力を石坂さんに案内していただきながら、ボートで都内の鉄道スポットを巡ってみようという今回のプラン。(実は、石坂さんは鉄道もお好きで、鉄道模型店も経営してらっしゃるとか!)

なんだか、本当に「タモリ倶楽部」や「ブラタモリ」のような雰囲気。面白そう♪

いつもとはちょっとひと味違う“鉄子の旅”へ、いざ出発進行~!


(第30旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(前編)②へ続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。