スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(後編)①

皆さん、こんにちは。
ブログの更新が1ヶ月以上遅れてしまって大変申し訳ありませんでしたーッ!!
(スライディング土下座!!)

前後編にもかかわらず、大分間が空いてしまいました…。
でも、旅はまだまだ見どころ満載!
ぜひお楽しみいただけたら幸いでございます。

では、気を取り直して…ドウゾ!!



今回の『新・鉄子の旅』第31旅は、
テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(後編)! 
~『月刊IKKI』‘12年11月号(9/25 発売)掲載~

前編から引き続き、水路の達人・石坂さんのボートに乗って、東京の水路を巡ります。

聖橋で地上班と出会えた後は、総武線沿いにお茶の水橋、水道橋などを通り過ぎ…

2iidabashi1.jpg

神田川の上流部に入り、飯田橋が見えてきました。
飯田橋、駅名としては有名なのに、ずいぶん小さくて地味な橋(写真奥の薄緑の橋)でちょっと意外。

たまに飯田橋駅は利用するけれど、橋の方はあまり意識したことがなかったなぁ。


nihonbashigawa.jpg

そして、日本橋川へ。日本橋川流域は、江戸から近代にかけて、流通はもちろん文化や経済の中心としても栄えたところ。

歴史的に見ても重要な川だけれど、現在、日本橋川~神田川(一部)の上には、首都高速道路が覆い被さるように通っていて、昼間でも薄暗く、少し残念な景観。

これは、東京オリンピックの時に、土地を買収する時間も予算もなかった国が、オリンピックの開催に間に合わせようと、突貫工事で川の上に首都高を造ってしまったため。

「なんだかなぁ…」と思いつつも、日陰に入れて、実はちょっとホッとしたりも(何しろ水路ガールファッションは蒸れる(?)からね…!)


5tokiwabashi1.jpg

日本橋川を進んでいくと、こんな石造りの、かなり年季の入った渋い橋が。

6tokiwabashi2.jpg

これは常磐(ときわ)橋という橋で、何と明治10年に架けられたとか!
東京では最も古い橋のひとつだそうです。

この橋の近くには、「常盤橋」や「新常盤橋」もあるのですが…あれ?同じ「ときわ」でもこの橋だけ、真ん中の字が違う。

一説によると、「皿」だと割れるイメージがあるため、「石」の入っている「磐」という字に改名したらしい。ナルホド…!

他にも護岸に江戸時代の名残がある石垣が残っていたりと、情緒を感じさせる遺構も見つけることが出来ます。


7nihonbashi1.jpg

そして、お待ちかね、日本橋川の花形日本橋!
明治44年竣工。言わずと知れた日本のあらゆる道路の起点です。

聖橋で出会った地上班とも再会できました。


7nihonbashi2.jpg

日本橋の装飾はかなり華やかで凝っていて、他の橋とは一線を画すほどのゴージャスさ。

アーチの真ん中にある要石には立派な獅子の顔が。かっこいい!


7nihonbashi3a.jpg

中央の柱には麒麟が今にも飛び立とうと羽を広げていたり、橋の両端には獅子が鎮座していたり…


7nihonbashi4.jpg

そんな立派で美しい日本橋の上に、首都高がどどーんと覆い被さっているのは…やっぱり無粋ですよね(^^;)

でもよく見ると、日本橋付近の首都高は、橋のデザインに合わせて装飾もされているみたい。(少しは美観に気を遣っているのかな?)

いつか日本橋が空を取り戻す日が…来ると良いなぁ。



8toyomibashi1.jpg

日本橋を越えて、首都高の屋根から抜け出ると、
隅田川に合流する手前で、豊海(とよみ)橋という橋を通過します。
昭和2年竣工で、「フィーレンデール橋」という、はしごを横にしたような、一風変わった形の橋。

日本ではとても珍しい形式の橋なんだそう。白とブルーの色あわせが爽やかでイイ♪

そして、再び隅田川へ突入!


(第31旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(後編)②へ続く)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。