スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(後編)③

昼食後は、水上班はショウコちゃんからテツ編集長へメンバー交代。
ショウコちゃんから帽子とパーカーを借りて、テツ編集長も、日焼け対策はバッチリ…?!

kamotusenato2.jpg

マリーナを出てしばらく進んでいくと、茶色く錆び付いた橋梁に出会いました。
そんなに古い橋ではないはずなのだけど、何とも言えない哀愁を漂わせています。
これは晴海橋梁と呼ばれ、東京都港湾局晴海線の廃線跡です。

朝に通過した橋脚(前回の旅③を参照)と同じ路線の遺構。
あちらは橋が低かったため橋脚だけを残して撤去されてしまいましたが、こちらは橋が丸ごと残されています。


kamotusenato1.jpg

都内でこれだけ大きな廃線の遺構が残っているのは珍しいそう。
使われることなくひっそりと朽ちていく橋。
周囲は近代的な建物が立ち並ぶ中で、ここだけが時間が止まっているように見えました。


obune.jpg

さぁ、スピードをぐんぐん上げて、東京港へ。
川では見られなかった大型客船ともすれ違います。
ボートから見るとより大きく感じるなぁ。


rainbow2.jpg

レインボーブリッジを通り抜けて、
(頭の中はもちろん「踊る大捜査線のテーマ」(笑))
目指すは…



(第31旅 テツコ倶楽部?!東京の水路で巡る鉄道旅(後編)④へ続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。