スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第33旅 熊本・阿蘇の魅力を味わう旅⑥

お腹も落ち着いた後、再び終点の高森駅へ。

駅から15分ほど歩いたところに、今回最後のオススメスポットが。

takamori3.jpg

高森湧水トンネル公園。

かつて、高千穂線のトンネルとして掘削され、高千穂駅と高森駅を結ぶ予定でしたが、工事中に大量の湧き水が流出してしまったため、計画は中止。

現在このトンネルは、高森町の貴重な水源として毎分32トン(!)の水が湧いているのだそう。

もし、工事が成功していたら、熊本と宮崎をつなぐ九州中部横断鉄道が通っていたかもしれないんだなぁ。

takamori5a.jpg

トンネル内は公園化されていて、奥まで入ることができます。

中は色とりどりにライトアップされて、幻想的な雰囲気。

takamori6a.jpg

毎年、七夕とクリスマスのシーズンは地元の企業や学校などが、手作りのオブジェを創り、
トンネル内を彩るそう。

これは七夕の飾りかな?

takamori10a.jpg

ペットボトルできたクリスマスツリー。

takamori7a.jpg

んん? これは・・・?

takamori11a.jpg

さらに進んでいくと、ウォーターパールという噴水が。
ストロボの光の当て方で、噴水の水が止まっているように見えたり、逆流しているように見えたり…不思議!

takamori14.jpg

トンネルの一番奥は、水神様が祀られていて、そこから沢山の湧き水が勢いよく流れ出ていました。

長い年月をかけて、幾重もの地層を越えて、湧き出る美味しい「水」。

今回は雨模様の天気ということもあって、「水」の存在を身近に感じた旅でした。

中学校の頃、修学旅行で登った阿蘇山はいかにも火山!というイメージだったけれど、阿蘇という土地は、地下水が豊富で、雄大な自然に恵まれた場所だったんですね。

熊本は「火の国」であり、「水の国」でもあるんだなぁ。

ということで、今回のソフテツ格言は

「雨の旅も、なかなか味わい深し。」

(第33旅 熊本・阿蘇の魅力を味わう旅~完~)
※次回は1/25頃更新予定。お楽しみに!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。