スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑤~三陸鉄道北リアス線~

ki010.jpg

佐羽根駅は横見さんオススメの秘境駅(風な駅?)

ki011.jpg

駅を降りて少し進むと小さな赤い橋が。

きれいな渓流が流れていて、気持ちのいい穴場スポットです。

ki012.jpg

続いて向かったのは田野畑駅

「カンパネルラ田野畑駅」という愛称がついています。

私も以前プライベートで訪れたことがある、お気に入りの駅。

「あまちゃん」ではユイちゃん達、足立家の最寄り駅、「畑野駅」として使われていました。

ki014.jpg

カンパネルラと愛称がついているだけあって、駅舎内も宮沢賢治の童話に出てきそうな、温かくて可愛らしい造り。

売店や休憩スペース、本などもいろいろ置いてあって、ほっと和める空間です。

ki013.jpg

駅には喫茶店が併設されています。前に来たときは閉まっていたので、中に入れて嬉しい。

田野畑駅は、田野畑村が受託する簡易委託駅なので、改札の窓口にいたお姉さんがコーヒーや軽食を作ってくれます。

ki013a.jpg

ブルーベリーティーを注文してちょっと一息。

うーん、落ち着くわぁ…。

ki014a.jpg

鉄道ダンシの田野畑ユウくんが働いていたので(?)切符を見てもらいました。

さんてつでは鉄道ダンシのグッズも売られていて、女子中高生に人気だそうです。

ki016.jpg

駅の外に出てみます。

さんてつの車両を象った水門が見えます。

ki017.jpg

駅は18mの高台にあり、10cmほど浸水するにとどまりましたが、海側の地区は、津波の被害を受け、今も復旧作業が進められていました。


ki018.jpg

次は島越駅へ。

できたばかりのホーム。線路には真新しいバラストが敷き詰められています。

ki019.jpg

島越駅はさんてつで最も被害が大きかった場所。

写真のように、駅舎、線路、ホームが全て流失し、壊滅的な被害を受けました。

ki020.jpg

私たちが訪れたときは新駅舎が竣工間近で、旧駅舎の面影を残す、八角形のドームがシートから見えました。

震災前、駅舎はホームの海側にあったそうですが、津波対策のため、高台の方に建設しているそうです。

(※新駅舎は今年7月にプレオープンしています)

駅舎や周辺で着々と復旧工事が進められていて、工事関係者の方々が忙しそうに働いてらっしゃいます。

全てなくなってしまったところから、ついにここまで…

「3年で必ず三陸鉄道を復興させます」と望月社長が力強くおっしゃっていたことを思い出し、胸に熱いものがこみ上げてきました。


(石巻・三陸鉄道、再訪の旅(後編)⑥~三陸鉄道北リアス線~に続く)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。