スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山ワイルドツアー②

2009年11月19日夜23時頃、上野駅。

toyama2.jpg

乗るのは、夜行列車「能登」。
ボンネットタイプの顔が渋くてカッコイイ!

この「能登」と第4旅・加賀一の宮駅への旅で乗った夜行寝台特急「北陸」は、3月13日のダイヤ改正でなんと廃止されてしまうのだそう…。
「北陸」大好きだったのに、寂しい…(>_<)

ちっちゃい男の子が、目に焼き付けるように、「能登」を見つめている。
そうだよね、もうすぐ見られなくなっちゃうものね…。

23時33分、いよいよ上野駅出発。
「能登」車内には、素敵なラウンジが!

toyama3.jpg

ラウンジにはソファやカウンターがあり、自由にくつろぐことができます。
カウンターがレトロなデザインで、なんだかハイボールでも飲みたい雰囲気(笑)
明日の朝が早いということで、皆おしゃべりもそこそこに、眠りにつきます。

私とほあしさんは女性専用指定席「レディースシート」へ。
ん?シート??あれ?…ベッドは?

toyama4.jpg

そう、「能登」は急行列車、もちろんベッドはありません。
「ワイルド」はすでにここからはじまっていたのか…。

いや、こんなことで、音を上げちゃいけない。とにかく寝なくては!
車内は比較的空いていたので、座席を二つ分使って横になります。
網棚の上にあった毛布を一枚掛けて、オヤスミナサイ。

………………。
………………。

あっついわ!!!!!!

あまりの暑さに目を覚ますと、汗がビッショリ。
なんやここ、蒸し風呂?サウナ?!
冷え性レディースに対する、「能登」さんの過剰な気遣い?

結局、暖房が効きすぎて、その後ほとんど眠れず、夜を明かす。
ほあしさんも同じくだったらしく、二人してゲッソリ。
ああ、「ワイルド」への道は、遠く、険しい…。

(第8旅 富山ワイルドツアー③に続く)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。