スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根・一畑電車の旅(前編)④

出雲市駅から、今回の旅の目玉、おとなりの一畑電車「電鉄出雲市駅」へ乗り換え!

駅の中にも「RAILWAYS」の看板が。
他の各駅にもポスターやチラシが置いてあって、一畑電車全体で「RAILWAYS」を盛り上げているんですね。

shima14h.jpg

駅の窓口で、「縁結びパーフェクトチケット」をゲット!

shima2g.jpg

一畑電車だけでなく、松江・出雲のバスまで3日間乗り放題という優れものチケット。
出雲大社にちなんで、絵馬のカタチをしているのが面白い。

そして、前編・後編に渡って、乗って乗って乗りまくる、バタ電とついにご対面!
まずは「出雲大社前駅」に向かいます。

shima2h.jpg

あれ??黄色い。映画のオレンジ色の車両は…?

映画の裏の主役、昭和3年製日本最古級の車両、デハニ50形。
実は2009年に引退して、現在は走っていないのだそう。
乗るの楽しみにしていたのに~!
(※でも次の日に…?その模様は次回「一畑電鉄」後編をお楽しみに♪)

この黄色い車両も、丸っこい形が親しみやすくて結構好きかも。

shima1l.jpg

映画「RAILWAYS」のタイトルが出るお気に入りの冒頭シーン。
窓から光がスーっと入ってくるのが、たまらなくいいんです。
違う車両だけど、同じような光景が見られて感動!

shima23a.jpg

出雲大社前…と言えば、もちろん出雲大社ですよ。
出雲に来てここを訪れない訳にはいくまいと、早速お参り。

拝殿のしめ縄の太さにまずビックリ!

二礼四拍手一礼して、(出雲大社では拍手が二回多いらしい)
めくるめくようなご縁がありますように…!!」といつも以上に念入りに祈念(笑)

でもなんだか…妙に新しいというか、出雲大社ってこんな感じだったっけ?

実はこの拝殿は「御仮殿」。
奥の本殿はただ今5年間の改修中ということで入れないのだそう。
ガビーン!!……こ…ここまで来て…?

でも、来られたことに意義がある。
仮だって、きっと御利益はあるさ!(そう願いたい!)←切実 

改修工事が終わるのは、3年後。
一つ、楽しみが増えたということで、それはまた次の機会に…☆


(第11旅 島根・一畑電車の旅(前編)⑤に続く)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。