スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西・欲張り☆ひとり鉄子の旅③ ~叡山電車で貴船へvol.2~

さて、液体から無事人間(?)に戻ったところで、まずは腹ごしらえ。

貴船と言えば、川床(かわどこ)料理!!

貴船川沿いには沢山のお食事処が並び、川の数十センチ上に「川床」と呼ばれるお座敷が建てられています。

そんな風流な場所で料理を味わうことができるなんて、なんとも贅沢!

ただ、川床は会席料理が多く、なかなか料金も高め…(ランチで一万円前後)

どこかお財布に優しいところはないかしら?と思っていると、お手頃価格で気軽に川床を楽しめるお店を発見!

お食事処「伝兵衛(でんべい)」

素朴でこぢんまりとしたお店ですが、落ち着いた良い雰囲気の佇まい。

denbee5b.jpg

お店の人イチオシの「山菜とろろ蕎麦セット」を注文します。
丁寧に作られた焚き合わせの小鉢に、山菜ととろろと蕎麦の絶妙なハーモニー。
ウマー!!

川の清流の音と涼とを感じながらのお食事。
はぁ~、し・あ・わ・せ…。


denbee2a.jpg

食べ終わった後は、川床から足をちゃぷちゃぷ川に浸してみたり…
水がキーンと冷たくて、気持ちいい♪

kibunea.jpg

水の神様が祀られている、貴船神社も訪れました。

貴船は、「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったとも言われ、パワースポットとしても有名らしいです。

縁結びの神様でもあるそうで、気合いを入れて、お参りしてきました(笑)

本宮、結社を訪れ、さらに奥宮の方まで行ってみたかったのですが、ここでタイムリミット。

後ろ髪引かれる思いで貴船を後にし、太秦にある撮影所に向かいました。


いや~、今年一番の、雅な納涼体験でしたよ。

何度でも行きたいと思えるところが貴船の魅力。

真夏に京都に行くなら、貴船を本当にオススメします!!


ということで、1日目のソフテツ格言は…

「暑を捨てよ、貴船へ行こう」


(関西・欲張り☆ひとり鉄子の旅④へ続く)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。