スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西・欲張り☆ひとり鉄子の旅⑦  ~嵐電妖怪電車vol.2~

夕方、嵐山駅に到着。

出発の40分前から、駅構内にて、「妖怪電車専用乗車券」の発売が始まります。
人気の列車らしく、発売前からすでに行列ができている様子。ところが!

妖怪の格好をしてる人が全然いない…

100円ショップではあんなにノリノリだったくせに、すっかり心が折れてしまう私。
大体、いい大人がひとりで猫耳付けてたら、相当イタいもんなぁ…。

猫耳をバッグの中で握りしめたまま、取り出すチャンスを見失っているうちに、とうとう順番が回ってきました。

慌てふためきつつ、乗車券を売る駅員さんに、

「あっ、あの~、その、妖怪認定書が欲しいんですけど…、これ(猫耳)いけますか?」
「では付けて下さい」
「え…」
「いますぐそれを付けて下さい(真顔)」
「…は、はい」

何だかもう猛烈に恥ずかしくなりながら、猫耳を装着。

「はい、50円になります。」

駅員さんは、終始真顔のまま、淡々と乗車券と妖怪認定証を渡して下さいました…。

今回の戦利品。

youkai13b.jpg

意外とあっさり認定してもらえて、ちょっと拍子抜け。

とは言え、やっぱりどうも落ち着かなくて、猫耳はすぐ外してしまいました。
(ヘタレですみません…)

さて、駅のホームで、しばらく待っていると、

youkai3a.jpg

キター!!妖怪電車!!

youkai10a.jpg  youkai10b.jpg

ゲゲゲの鬼太郎のラッピングが施されたボディ。
車内は青暗い照明で妖しく演出され、不気味なBGMが流れています。
電車の吊り広告部分には、いろんな妖怪のイラストや解説が。

ぞくぞくとお客さんが入ってきて、気づけば満員状態。
さっきまでは少なかった、一般の妖怪さん達も増えてきました。

youkai7a.jpg
  
額に目玉をつけた三つ目小僧や、小さな角の小鬼など、ソフトな扮装のお子さんから、本格的なコスプレをしている方まで(透明人間と…犬夜叉?妖狐?)

そしてついに本物の妖怪さんが登場!!


(関西欲張り☆ひとり鉄子の旅⑧へ続く)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。